サイト内検索

...

サプライチェーン:責任ある調達

Schüco は、窓、ドア、ファサードのためのシステムソリューションを開発/提供する企業として、天然資源、原材料、および金属やエンジニアリングプラスチックなどに依存しています。だからこそ、私たちは、環境も社会も意識ながらこれらの素材を取り扱う必要があると考え、サプライチェーンのあらゆる部分を綿密に調査しています。

アルミニウム

ここで焦点を当てるのは、Schüco にとって最も大切な材料であるアルミニウムです。 利用フェーズと再利用フェーズで上手にバランスを取ろうとすると、サプライチェーンの始まりにおいて、社会的および環境的な挑戦に直面します。なぜなら、アルミニウムを抽出する際に大量のエネルギーが使われ、カーボンフットプリント排出量が大きくなるからです。 更に、例えば、オーストラリア、ギニア、ブラジルなどの鉱業が盛んな国では、熱帯雨林の大規模な伐採などにより、潜在的な環境リスクや土地の使用権に関する紛争が起こっています。我々は、金属加工分野においてサプライヤーと取引する機会が多くあるため、環境的そして、社会的に責任あるアルミニウム のサプライチェーンを確保することは課題の1つとなっています。 同時に、バリュークリエーション チェーンの一部として、サステナビリティの評価基準に従って認証されたアルミニウムの使用率を上げることは、我々企業としての責任である考えています。

Schüco が持続可能性を考慮した調達戦略を実践することにより、社会に直接的な影響を与えることができると信じています。 現在、私たちは、CO2 排出量の少ない原材料の調達を行うよう、日々最大限の努力をしています。 2019年には、世界自然保護基金(WWF)と共に、広範囲にわたるサプライヤーの行動規範を作成しました。この行動規範は、我々のビジネスパートナーが人権を重んじて、公平な労働環境を整え、倫理的な事業を行い、環境保護に対する高い意識を促すもとなっています。 さらに、Schüco 社内で定められている SN 175 を利用し、サプライヤーが有害な原材料を使わないこと、そして有害性が認められる可能性のある原材料をリスト化し発表することをサプライヤーに義務付けます。 サプライチェーンの上流における人権保護など、私たちが直接関与することが難しい問題解決については、提携関係を通じた働きかけを行っています。例えば、私たちは、アルミニウム管理イニシアチブ(ASI)の創設メンバーとして、アルミニウムのサプライチェーンにおいて、世界的に有効で認証可能なサステナビリティに関する基準を制定することに尽力しています。

PVC(樹脂)

当社の PVC 部門は、バリュークリエーション チェーンにおいて、PVC のサステイナブルな使用を広める活動に参加しています。 その活動の焦点は、PVC のカーボンフットプリントの削減、添加剤のサステイナブルな使用促進、そして、リサイクル材料の年間比率を高めることです。Schüco Polymer Technologies は、ヨーロッパの PVC 業界が運営する持続可能性のためのプログラムである VinylPlus の一員として、原材料のサステイナブルな調達基準を満たしています。また、原材料の調達においては、持続可能性に関する高い基準を維持することに尽力しています。

明確に書面化されたサステナビリティ

サステイナビリティ レポート

私たちのサステナビリティ レポートでは、GRI(グローバル レポーティング イニシアチブ)による国際的に認められた基準のガイドラインを元にし、Schüco においてサステナビリティを調達する方法を報告し、当社の経済活動/環境活動/社会的活動のバランスを取り、将来に向けての目的を定義しています。

私たちのモチベーションと貢献

サステナビリティに関するパンフレット

現代のグローバルな課題解決のため Schüco が取り組んでいるサステイナビリティ対策について、より詳しく知ることができます。

サプライチェーン
Dashboard
閉じる