ご覧になりたい項目を選択してください
エリアを選択してください
サイト内検索
Unbenannt

欧州グリーンディール:建設業界のルールを根本から変える

欧州グリーンディール や「2050年までに気候中立を達成する」という目標は、建築要件に大きな影響を与えます。CO₂は新たな通貨となり、建物が排出するCO₂の値は、今後の投資や入札に影響を与える重要な要素となります。

Schueco CO₂ Neutral

将来の存続可能性を決める要因:脱炭素化の最適化マネジメント

建物の将来性を査定する時には、「GWP値」(i)が重要になります。これは、建物運営(期間全体)が及ぼす地球温暖化への潜在的な影響を表します。

2027年1月1日から、建設の管理者は全ての建物において「地球温暖化への潜在的な影響」としてGWP値を計算し、建物全体のエネルギー効率認証の中に記載することが必要になります。
この要件は、可用面積が2,000 m²を超える新築の建物に適用されますが、2030年からはすべての新築の建物に適用されます。(これらは欧州での規制です)


GWP 値 を管理する能力、そして、建物の長期的運営を想定した脱炭素化は、建物の将来の存続可能性にとって必要不可欠なものになるでしょう。

Schüco カーボン コントロール:建設のすべてのフェースにおけるCO₂削減方法

Schüco カーボン コントロールは、建物外装の脱炭素化を可能なものにしてくれます。モジュラー・ビルディングブロック原則を採用することで、計画、建設、運営、リサイクルといったすべてのフェーズで、その建物に合わせたCO₂ 削減ができるようになります。 SchücoではCO₂削減につながる製品やサービスを提供しております。これらを通じて建設に携わる人や企業を支援し、気候対策に関する建物の規制要件を遵守できるよう積極的にお客様をサポートしています。

CO₂-Minimierung

脱炭素のためのデザイン

脱炭素のための建物

脱炭素のためのオペレーション

脱炭素のための材料リサイクル

Schüco Carbon Control Phasen
Carbon Control Phase Design
Carbon Control Phase Build
Carbon Control Phase Operate
Carbon Control Phase Recycle

カーボンニュートラルな未来に向けたサポート

Schüco カーボン コントロールを使うメリットは、日々厳しさが増す規制やクライアントからの持続可能性に関する要求に対して、建築家/設計者、製作・加工業者、建物運営者、投資家などがそれら要件を満たし、複雑性を増す入札において競争力のある適切なソリューションを見つけ、投資リスクを避けることが可能になることです。

Dekarbonisierungs-Lösungen für Architekten
建築家/設計者のためのソリューション

建築家や設計者がSchüco カーボン コントロールを使うことで、建物の形状、外装の建設、使用する材料、統合されたシステムの機能を通じ、CO₂の排出量、そして、建物の存続可能性に大きな影響を与えることができます。

Dekarbonisierungs-Lösungen für Verarbeiter
製作・加工業者のためのソリューション

Schüco カーボン コントロールでは、CO₂ 排出量を削減した材料の使用が可能で、CO₂ 排出量を最小限に抑えることが可能です。その結果、今後増え続けるであろうCO₂に関する市場の要求に応えることができます。

投資家のためのソリューション

EUにおける新しい要件は、今後の不動産評価基準を大きく変えます。近い将来、建物の価値はライフサイクルのすべてのフェーズにまたがるカーボンバランスで定義されるようになります。

Schüco カーボン コントロールを使うことで、投資家、計画者、建物運営者、建物の利用者は、計画段階や効率化された建設プロセスから、コスト効率の高い運営や最終的なマテリアルサイクルへの回収まで、さまざまな方法を通じてカーボンバランスを調節することが可能です。これは、収益や面積あたりの生産性を高めることを主な重点領域としており、長期的に投資の安全性を高めることにつながります。

建設業界全体のためのソリューション

Schücoにおいて、サステナビリティとは一過性のトレンドではなく理念です。

我々にとって、持続可能性の高い行動をすることは義務であり、より良い社会環境を創り出すモチベーションとなっています。建設業界の一員として持続可能社会の実現に向けた長期的そして継続的にコミットメントし、提供する製品やサービスを通じて社会のグリーン化に積極的に取り組んでいます。

それらの取り組みの1つとして、シューコー・ジャパンでは、リサイクル アルミニウムを使用した形材の提供を開始いたしました。

Thomas Schlenker, Schüco

「建設業界の循環型経済を達成するには、すべてのプロセスが持続可能で、建物の計画・建設・運営を網羅し、取り壊し後には使われた材料をマテリアルサイクルに戻す、そのような気候中立な建物を通じて達成するしか方法はありません。」

Schüco, Senior Vice President, Digitalisation & Sustainability, Dr. Thomas Schlenker

なぜSchüco カーボン コントロールを選ぶのか?

Schüco カーボン コントロールを使って、建設プロジェクトの設計や施工を行う利点は1つだけに留まりません。当社のCO₂排出量の少ない製品やサービスを使用するこにより、建設プロジェクトにおけるすべてのフェーズにおいて、建物外装の脱炭素化をすることが可能となります。

ボタン1つでカーボン フットプリントがわかる

3D計算ソフトウェアである「SchüCal」は、計画や建設プロセスのどのタイミングであっても、材料や構造ユニットに使用されているCO₂の値を提供することで、高いデータ透明性を提供するソフトウェアです。

発電

エネルギー供給が可能な建物にすることで、建物はその運営に必要なCO₂の排出量を削減することができます。太陽電池モジュールや建材一体型太陽電池(BIPV)モジュールは、投資家にも運営者にも環境にもメリットがあり、将来を見越した建物には効率的なソリューションです。

材料

建設プロセスに関与する人たちは、適切な材料を選ぶことで、建物の潜在的な排出量を主体的に変化させることができます。低炭素アルミニウム(LC)、超低炭素アルミニウム(ULC)は、特にCO₂排出量の少ないアルミ形材です。

FAQ

欧州グリーンディールとは?

欧州グリーンディールとは?

欧州グリーンディールは、EU加盟国が2050年までに気候中立を達成することを目標として掲げています。そのため、二酸化炭素の値の低い材料の使用や、建物運営中に発生する二酸化炭素の削減に貢献するための建材開発等は、建築業界において非常に重要な課題です。

CO₂をモニタリングすることが大切な理由

CO₂をモニタリングすることが大切な理由

欧州グリーンディールは、2030年までに温室効果ガスの排出を55%削減し、2050年までに気候中立を達成することを目標としています。二酸化炭素排出量削減に対するEUの要件は、2027年からは可用面積が2000平方メートルを超える新築物件に対して、そして、2030年からはすべての新築物件に適用されます。

地球温暖化係数(GWP)とは?

地球温暖化係数(GWP)とは?

地球温暖化係数(GWP)の数値は、建物の運営期間全体を通じた「地球温暖化を起こしうる性能」(エンボディド カーボンとオペレーショナル カーボンから生み出される二酸化炭素排出量)を定量化したものです。この数値は、CO₂e や CO₂-equivalent と表記されます。


カーボン コントロールとは?

カーボン コントロールとは?

Schüco のカーボン コントロールは、ジュラー型ビルディング ブロックの原則を活用することで、計画、建設、運営、リサイクルまでのすべての段階を通じて、その建物に合った二酸化炭素の削減を実現します。