サイト内検索
...

Schüco のデジタル プロダクト

すべてのお客様のために

Schüco におけるプロセスのデジタル化には、明快な目標があります。それは、バリューチェーン全体を改善し、効率を高めることです。Schüco は、デジタルソリューションを構築することによって、お客様を力強くサポートしていきたいと考えています。シンプルで、効率的で、さらに利益を生む、そんな本来のデジタル化プロセスを実現させるために、すべてのユーザーをお手伝いします。


このデジタル プロダクト紹介ページには、現在日本国内のお客様に提供可能なデジタルソリューション以外のサービスも含まれています。シューコー・ジャパンが提供するデジタルサービスにご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

イノベーション

デジタルサービスに焦点を当てる

最初の一歩を踏み出す場合でも、ビジネスを完全にデジタル化させる場合でも、Schüco は、建設プロセス全体を通じたデジタルソリューションのパートナーになります。
1
インスピレーション & 設計
2
プランニング & 計算
3
加工
4
運用 & 管理

Schüco は、あなたのデジタル化のパートナーです。

Schüco でデジタルのチャンスをつかみましょう。

デジタル化のゴールは明快で、それはバリューチェーン全体を改善し、それをさらに効率化させることです。建設業界では、これは、設計や見積もりから、計画や加工、そして、建設現場での組み立てや建物の運用まで、すべてのプロセスに言えることです。


Schüco は、デジタルソリューションを通じて、お客様を長期的に支えていきます。これは、それぞれの課題に対するソリューションを見つけるだけでなく、設計者、計画者、加工者、そして建物の管理者のために、システムの改善も行っていくということです。私たちがそれぞれの要件を理解し、それを受け入れ、そして、未来志向のソリューションにつなげていく。私たちは、そのようにお客様に頼っていただける会社です。


Schüco は、未来に向けてのお客様のパートナーです。デジタル化された未来に向けて、どの会社よりも密接かつ包括的なパートナーとして、お客様と一緒に進んでいきます。ここで焦点を当てるのは、建設業界の持続可能で効率的なプロセスにつながるような、プラットフォーム、アプリ、インテリジェントマシン、センサーの使用、そして、データの使用です。


デジタル化は複雑で多様なものに見えるかもしれませんし、一晩で完成できるものでもありません。Schüco は、このことを理解しています。私たちはすべてのユーザーと協力をして、シンプルで、効率的で、優位性をもたらす、そんな本来あるべきデジタル化を実現します。

業界内で圧倒的に大きなデジタルソリューション ポートフォリオ:プランニングから運用まで

Schüco は、全体的なデジタル化を目指しています。これは一体どういう意味なのでしょう?


建設プロジェクトは、相互に絡み合った多くの段階的プロセスから構成されています。そのため、それぞれのプロセスを個別に見ないことが、Schüco にとっては大切です。当初のアイデアから、加工や建物での使用まで、それぞれのプロセスにおけるデジタルソリューションにおいて、私たちは一貫性を保っています。システム間の引き継ぎやインターフェイスによって、デジタルサービスや製品が切れ目なく統合されるようになります。Schüco にとって、これが全体的なデジタル化ということです。


実際にどういうものになるのか?

Schüco のデジタルモデリング

Schüco のデジタル製品カタログでは、集約された1つのプラットフォームにおいて、ファサード、窓、スライディングシステム、日よけ、ドアなどの各製品群の中から、設計者やプランナーが、適切な製品ソリューションやすべての関連情報を素早く簡単に見つけられます。この製品カタログは、設計者による設計者のためのデジタル支援システムとしてデザインされているため、数回のクリックするだけで、それぞれの建設プロジェクトに完璧に適合する製品を素早く検索・比較することができます。これは、コンセプト立案や設計のフェーズにおいて生産性を高める上で、大切な効果です。このデジタル製品カタログは、プラグイン として計画用ソフトウェアに直接統合することができます。こうすることで、製品情報や詳細まで作られた BIM オブジェクトを切れ目なく移動させることができ、エラーが起こる機会を減らすことになります。Schüco BIM Manager を活用することで、すべての部品の選択された構成は、ウェブインターフェイスを通じて金属加工業者に送られ、さらに加工されます。

プランニングや計算

ファサードユニットの技術的仕様が決まったら、次に詳細のプランニングが行われます。SchüCal は、計算・加工ツールを求める声に対する私たちの答えです。その3Dコアにより、業界をリードする計算・注文処理ソフトウェアになっています。SchüCal を使えば、見積もりや注文処理を簡素化し、計算から加工までの作業をスピードアップさせます。加工にかかる時間を決めることで、コストが確定し、利便性も増します。金属加工のための次世代の CAD である SchüCad Next を使えば、素早く確実に結果が得られます。最適なインターフェイスによって、柔軟なデータの交換が可能になり、最新の商品データにより、常に信頼できる建設作業ができるようになります。

SchüCal MES

プランニングや計算が終わったユニットは、次に加工に進みます。SchüCal MES(加工実施システム)によって、SchüCal の製品群のアドオンが利用できるようになり、加工プロセスを制御・モニターできるようになります。個別の加工ステップを実行するための関連情報については、そのすべてを適切な時に適切なワークステーションで利用することができるようになります。


この加工制御は、プロセスの透明性を生み出します。これによって、時間が節約され、加工品質が大きく高まります。MES は、必要な情報を探さないで済む、デジタルでペーパーレスな加工の未来への必要なステップです。理想的には、Fabrication Data Center を追加することで、MES でのガイドによる加工プロセスが可能になります。同時に、プロセスに関する情報をデジタル上で記録することができます。これは、会社の管理層から作業場まで、多くの人々に受け入れられるものになります。簡単に使えるため、新しい従業員でもすぐに MES を使えるようになります。

自動加工

Schüco のマシンを完璧に制御できる SchüCal の MCO(マシン制御モード):SchüCal の新しいマシン制御モードを使うことで、お客様が改良された処理モードで形材を処理している途中で、それを調節できるようになりました。グラフィックスを活用したユーザーインターフェイスにより、直感的に操作できるようになっています。これにより、処理時間も減り、エラーを避けることにもなります。
SchüCam や統合された最適化アルコリズムを使うと、それぞれのユニットに対して最も効果的な処理シークエンスが自動的に計算され、視覚化され、Schüco のマシンに伝えられます。


Schüco のマシンやソフトウェアを使えば、それぞれのユニットをより効率的に、そして、要件に適合するように処理することができます。しかし、完璧に調和の取れたプロセスにするには、マシンやソフトウェアが必要になるだけでなく、そのお客様特有の作業場のコンセプトも必要になります。加工能力を最大限まで発揮できるのは、マシン、ソフトウェア、作業ステップがお互いに調和した時だけです。

プロジェクトマネジメント

PlanToBuild は、ユニットのプランニングや加工から、建設現場での受諾まで、効果的なプロジェクトマネジメントを行うための当社のソリューションです。計算の終わったユニットを、直接すべての重要な情報と共に、SchüCal からデジタルプランニングへと移行させましょう。窓・ドア・ファサードを建設するためのオールインワンのプロジェクトマネジメント ソフトウェアは、建設プロジェクトの素早く信頼のできる制御のためにデザインされています。大きな会社でも 小さな会社でも、活用できます。

運用

すでに設置されているユニットの90%以上には、インテリジェンスが内蔵されていません。つまり、ビルディング エンベロープ周辺の大量のデータが把握できておらず、それが使えていません。ここで、どうやればこれらのユニットをインテリジェントなユニットに変えられるのかなど、この大多数のユニットをどのように現代的なものにするのかが、大きな課題です。Schüco は、ファサードのインターネット(IoF)のコンセプトを使って、ビルディング エンベロープのすべてのユニットをデジタル化することを目指しています。このシステムを使うことで、施設管理者が建物モデルを使って内蔵ユニットのある場所を特定し、その情報にアクセスし、メンテナンスの発注をすることができるようになります。PlanToBuild で自動的に作成されたプロジェクト報告を見ることで、運用者は建物の全体像を常に把握することができます。

これが1つのサイクルです。Schüco は、デジタルソリューションによって、すべてのプロセスを支援します。私たちは、建設に関わるすべての人に付加価値を生み出すような方法で市場にプランニングや建設作業のための製品を投入し、それにより標準化・自動化・デジタル化の可能性を生かし切っているからこそ、イノベーションが生まれているのです。

デジタルプロダクト
Dashboard
閉じる