1. 施主/デベロッパーの皆さま
  2. テクノロジー・センター
  3. テクノロジー・センターの歴史

Schücoテクノロジー・センターの歴史

1967年~1988年

1967年

検査部門設立

1968年

試験施設用の敷地を購入

1973年

施設の移転

検査部門からテストセンターに名称を変更

1980年

初となるファサード建設とそれに伴うファサード適合性評価試験 (ファサードテストリグ A)を受注

国内および国際プロジェクト向けに性能評価試験サービスを開始

1988年

弾道を用いた衝撃試験の受注(弾道テストリグ)

1990年~1999年

1990年

史上初となるステレオリソグラフィー システムを用いた3Dプリントを開始

1992年

ソーラー試験用サンプル作成と、ソーラー試験手順書を策定

1993年

キャリブレーション・ラボとして、ISO 9001認証取得 

1997年

サンプルワークショップと調査部門を統合し、テクノロジー・センターを設置

1999年10月

テクノロジー・センター内における ファサード試験リグ および アコーステックリグ (ドイツで初めての縦フランキング絶縁試験トレーラー) の新作業/転換作業認定

2000年~2010年

2001年6月

テクノロジー・センター建設完了

テクノロジー・センター試運転開始

2005年 12月

初のDIN/EN/ISO/IEC 17025 証認証明書を発行。世界的認証機関として評価を受ける

2006年 8月

電子機械工学エンジニアトレーニングを開始

2009年 8月

電気工学エンジニアトレーニングを開始

2010年 10月

テクノロジー・センター拡張に伴う建設作業開始

2011年~

2011年

サンプルワークショップメカニックス、持続性、安全向け試験の試運転開始

2012年

初の耐水性試験を受注

弾丸を用いた衝撃試験を再受注

環境シミュレーション" および "e-テスト" (IP、EMV)の受注

2014

キャリブレーション・ラボとして最終認定取得

2015年

トレーニング用ワークショップ開始

学生向け機械技術エンジニア育成のためのトレーニングを開始

2016年

TCアコーステック試験センタープロジェクト開始

DAkkS-DKD認定キャリブレーション・ラボとして初の認証証明書を発行

テクノロジー・センター

その他関連情報

適合性評価
性能評価試験
トレーニング