1. 施主/デベロッパーの皆さま
  2. サステナビリティ
  3. 経営方針

Schücoインターナショナルの経営方針

2013年1月12日ー品質に対する責任

品質、エネルギー、環境と健康、および職場の安全管理はSchücoの企業方針の根幹となる非常に重要な要素です。なぜなら、製品製造およびサービス提供に関わる全ての部門とプロセスにおける高い仕事の質が、我々の製品に反映されるべきだからです。

経営方針の一部として、Schücoインターナショナルは国際的な品質基準 (DIN EN ISO 9001)、環境保護 (DIN EN ISO 14001)、エネルギー管理 (DIN EN ISO 50001) および職業上の安全と健康に関するガイドラインを遵守します。

我々のお客様、パートナー、従業員の幸福、環境に対する配慮のため、Schücoの全ての従業員はこれらの基準およびガイドラインを守る義務があります。我々の従業員の健康と安全、そして企業としての社会的責任の遂行は、当社が目指す方針の基礎であり、我々経営陣の責任であります。

人にフォーカスを

ここでは、各国の法的および規則規定が必要最小限とされます。Schücoグループ全体において、より高いレベルでの健康、安全、環境保護に向け努力します。我々のお客様および従業員は、日々の作業においてこれらの基本理念を実行する責任を負っています。Schücoでは、全ての従業員に組織効率について考え、行動を起こし、その行動をサポートすることを求めています。

Schücoは、製品とサービスの質を向上させるため、そしてお客様の要望に応えるため、社内システム、作業工程やプロセスの改善を常に行っています。この努力は、結果的に我々の従業員および環境保護に還元されるものであると信じています。管理システムの実施状況とその有効性については定期的に評価が行われ、適宜改良や修正が加えられています。

信念の進化

品質、環境、エネルギー、健康と安全の管理は全ての活動が対象となります。それは原料の入手から、製品開発、製造、マーケティング、流通、廃棄物処理までに及びます。品質管理は単にエラーへの対応で留まるのではなく、一貫したエラー発生防止対策に取り組むことが求められるのです。品質管理の重要な役割の1つは、エラー・コストを減らし、改善へとつなげていくことです。

環境を保護し破壊を防ぐこと、既存のエネルギー資源を有効的に使うことは、Schücoにおける重要な方針の1つです。Schücoはサステナブルな建築設計のためのシステムソリューションを提供する一方で、製品製造時に必要とされるエネルギー量の減少に取り組み、エネルギーの効果的使用について絶えず取り組んでいます。

サステナビリティ

Schücoにとって、環境保護、安全、経済的成功、社会的責任のどれも同じ程度に重要なものです。全ての従業員は経験値と責任を常に意識して行動することが求められます。

Schücoインターナショナルの経営陣は、目標を達成するために必要なサポートや資源が常に提供される状態であることを約束します。Schücoインターナショナルの経営陣は、ここで挙げた基本理念をすべての人に共有し、実行を促し、継続的評価プロセスを通じ、適宜修正や見直しを図る責任を負います。

プレス/最新ニュース

こちらでプレスリリースや最新ニュースをご確認 いただけます。

詳しく読む