1. 施主/デベロッパーの皆さま
  2. サステナビリティ
  3. 認証取得

責任を負う

Schücoは我々の経済活動が環境に影響を及ぼすことを理解し、それゆえに資源と自然にやさしい事業を行なう義務を、自然と後世に対して負っていることを十分に理解しています。それは Schücoが持続可能なシステムの開発を行うという基本的原理の基礎になるだけでなく、Schüco従業員一人一人も責任を持った行動を取ることで、環境への影響を最小限に留めるよう貢献することを意味します。

Schücoにおけるこのような取り組みの核となるのが、二酸化炭素排出量削減です。2011年に初めてドイツ内のSchüco施設における二酸化炭素排出量を測定したところ、74,292 t CO2eq という結果になりました。現在は二酸化炭素排出量を毎年測定し、自然を配慮した処置により継続的に数値を減らすことを目標に掲げています。

ビーレフェルトにあるSchüco インターナショナル本社の環境管理システムは、ISO 14001およびISO 9001による品質管理が行われています。

詳しくは

プレス/最新ニュース

こちらでプレスリリースや最新ニュースをご確認 いただけます。

詳しく読む

Schücoのサステイナビリティ

弊社におけるサステイナビリティに関するお問い合わせはこちらからお願いします。