1. 企業情報
  2. サステナビリティ
  3. 価値志向
  4. 新世代製品開発

Schücoの新世代建材

未来志向で環境にやさしい建築建材

グリーン世代のアルミニウム建材

FW 50+.SI グリーンファサードシステムおよび AWS 90.SI+ グリーンアルミニウム窓の断熱素材、ガスケット、圧力プレート等の部品には一部再生可能な原料が使用されています。また、これら製品向けの部品生産を行う際に化石燃料が使われることで、部品生産時に使用するエネルギー量を減らすことが可能となります。

一部再生可能な原料を使用した製品生産は、植物種であるトウゴマ (Ricinus communis) によって可能となります。ポリアミドを製造するために利用されるセバシン酸はこの植物の種から採取され、採取されたポリアミドは FW 50+.SI グリーンファサードシステムの圧力板、および Schüco AWS 90.SI+ グリーン窓システムに統合されてる断熱素材の基礎を形成しています。

種から採取したオイルは、断熱素材に使用する発泡体にも用いられるため、化学薬品使用が不要となります。また、FW 50+.SI グリーンファサードシステムと Schüco AWS 90.SI+ グリーン窓システム用のガスケットには、サトウキビまたはバイオエタノールからできた EPDM (合成ゴム) が使用されており、バイオテクノロジーを用いた、Schücoが誇る製品です。これら2つの製品の大部分は再生可能原料を含むプラスチックからできているため、地球の温暖化抑制および、温室効果ガスの削減の両観点から環境保護に大きく貢献しています。

なぜなら、再生可能原料を使用することで、製造中に大気中に放出される温室効果ガス量が削減され、結果的に天然資源を保存することになるからです。再生可能原料を使用したアルミニウムの窓とファサードシステム(高断熱性能)をパッシブハウスの標準仕様にすることで、Schücoは省エネで、かつサステナブルな建築アプローチを体現しているのです。

サステナビリティとエネルギー効率性

ドイツにおいて断熱性能は、エネルギー革命における重要な要素の1つに挙げられます。既に多くの県では、今後新しい公共施設を建設する際に、それら施設がパッシブハウスと同レベルの断熱性を確保していることを条件としており、SchücoのAWS 90.SI+ グリーン窓システム、および FW 50+.SI グリーンファサードシステムはそれらの要件を満たしています。耐久性の高いアルミ窓、そしてパッシブハウスと同等の断熱性の高いファサードシステムにより資源を保護し、二酸化炭素排出量削減を実現しています。

PVC(樹脂) ー 環境にやさしいシステムでサステナビリティに貢献する

SchücoのPVCシステムは100%リサイクル可能です。また、2010年からSchücoではPVC製造に鉛の安定剤を使用しておらず、カルシウムー亜鉛をベースとした重金属フリー製品が使用されています。そのため、SchücoのPVCシステムは無鉛製品となっています。

「Vinyl 2010」はPVC業界全体が取り組むコミットメントです。「Vinyl 2010」は、2015年までに鉛を含んだプロファイルを無鉛プロファイルへの付け替えを目標に掲げていますが、Schücoにおいては、既にこの目標を達成しています。

Schüco Alu Inside
Schüco Alu InsideにはSchücoアルミニウムプロファイルで使用される特許登録済技術が応用されています。Schüco Alu Inside プロフィールシステムは熱放出を防ぐ機能が高く、パッシブハウス公認の高断熱性機能窓システムです。

Schüco Corona SI 82
パッシブハウスに適したSchüco Corona SI 82 窓システムは、高度な技術と製品設計により優れた断熱性能を実現しています。この低エネルギー消費窓とドアシステムを採用することで、さらに高価な部品や建材を追加で購入する必要がなくなります。

耐久性の高い原料を使用したHIシステム

VISS HIファサードシステムと新たなJanisol HI窓およびドアシステムは、環境保護およびサステナブル素材を使用した建築手法で新たな基準を設定しました。スチールは耐力構造と建物全体の建築設計が必要とされる建築物に使用されます。

スチール、ガラス、コンクリートは相性が良く、一緒に使われた場合でもそれぞれの特性を活かしながら使用すことができる素材です。

VISS HIスチールファサードシステムは、パッシブハウスの基準を満たす優れた熱貫流率値を誇ります。

新しいJanisol HI スチールシステムを使用した窓およびドアユニットと、耐久性に優れたスチールを組み合わせて作られた建材の信頼性は高いものになるでしょう。

建物との間に使われる接続部についても、使用後に取り外しが容易にできるものが求められます。取り外された部品は、新しいスチールのファサードシステムを作るためにリサイクルされます。Janisol HI スチールシステムの99%がリサイクル可能です。