1. 企業情報
  2. Schüco (シューコー) について
  3. サステナビリティ
  4. 価値志向
  5. 貴重な資源

貴重な資源

アルミニウム、PVC(樹脂)、スチール

第三者機関の研究により、Schücoが使用する素材およびSchüco製品の持続性が認められました。

アルミニウム

その可鍛性、多様な表面仕上げにより、アーキテクトはデザインを通じてさまざまなアイディアを具現化することができ、環境に配慮した革新的建築物を設計することができます。近代的なアルミニウム ファサードはU値(熱貫流率)が低いため、建築物全体のエコバランスに大きく貢献しています。システム設計を行う際に最適な素材の厚みを設定することで、素材の消費量を最小限に留めることが可能となるのです。加工機械の頑丈さ、耐食性は素材の寿命に大きな影響を及ぼし、結果として建築物のサステナビリティにも大きく関係することになるのです。アルミニウムは人体に対して無害で、品質を損なうことなく無限にリサイクルすることができ、削りクズですらリサイクルが可能な優秀な素材です。

PVC(樹脂)

今日高い需要がある原料は、近い未来には必要不可欠な素材となるでしょう。PVCがまさにその素材であり、その優れた特性により窓やドアユニットに多く使用されています。

PVCプロファイルは優れた絶縁性を持ち、建築物全体のエネルギーバランスを最適に保つことに大きく貢献します。またPVCの外的環境に左右されない並はずれた耐候性により、耐久性が非常に高い点も特徴として挙げられます。

PVCは幅広いデザインに対応可能なことから、革新的窓やドアユニット設計において非常に扱いやすく、そして未来を見据えた新たな建築物の設計が可能になります。さらに、PVCプロファイルの最も重要な特性の一つは、リサイクル可能である点です。プロファイルは容易に分解が可能で、リサイクルも簡単に行えます。PVCサッシやドアユニットを利用した建築物は、サステナビリティに大きく貢献していると言えるでしょう。

スチール

スチールは恒久的に使用が可能な素材です。スチールは完全にリサイクルによる再生可能な建築材です。また、建築家や設計プランナーに対して、デザインにおける高い自由度と柔軟性を提供できることから、費用対効果の高い素材の一つとして認知されています。小さなクロスセクションにおけるスペースの効率使用は、費用対効果を更に高めます。建物のライフサイクルコストの低さと優れた耐用性が、スチールの特有性として強調されます。スチールを使った建築物は簡単に解体可能で、建築物をサステナブルなものにする手段の一つとして使用可能です。スチールはあらゆる要件に適応し、ガラスとコンクリートと調和することができる万能素材なのです。

Aluminum Stewardship Initiative (ASI)

アルミニウムはサステナブルな素材として広く知られています。近年、アルミニウム製造過程においては多くの再生可能エネルギーが利用されており、昔に比べて製造時に発生する温室効果ガスは大幅に削減しています。また、アルミニウムを生産する上で必要となるボーキサイト発掘時には、環境や生態系への配慮、周辺住民の利益等に注意が払われています。さらに、多くの生産者や加工業者はアルミニウムのリサイクル・システムの構築に取り組んでいます。

アルミニウムのバリューチェーンにおけるサステナビリティ向上を目的とする国際イニシアチブ「Aluminum Stewardship Initiative (ASI)」は、温室効果ガスの削減も含むアルミニウム関連産業全体のパフォーマンス改善を目的として新たな基準設定に取り組んでいます。Schücoは創設メンバーの1社として、Hydro、 Alcoa、Rusal および Rio Tinto のような世界最大のアルミニウムの生産者や、BMW、Audi、Jaguar Land Rover のような大きなアルミニウム消費企業、工業協会、および WWF、 IUCN (国際自然保護連合)のような重要な非政府組織と協力して、イニシアチブに取り組んでいます。ASIはメンバーおよび協力団体等と共にアルミニウムのバリューチェーンにおけるサステナビリティ向上に向けた国際基準設定に取り組むなど、アルミニウム業界の振興を図っています。ASIとそのメンバーは、未来の世代に課題を持ち越さないよう、気候変動防止に貢献し、ボーキサイトでの発掘および生産を支援することで多様生物の保存と人類の利益確保に取り組んでいます。

ASIが定める規制、基準、証明書の作成完了後、2017年末頃にイニシアチブの運用開始がされました。

詳細についてはこちらで確認いただけます。 www.aluminium-stewardship.org