1. 企業情報
  2. Schüco (シューコー) について
  3. サステナビリティ
  4. 価値志向
  5. Cradle to Cradle®ー完全循環型デザイン

Cradle to Cradle® - 完全循環型デザイン

Cradle to Cradle® に基づく活動

マイケル・ブラウンガート氏(Michael Braungart)が提唱する“Cradle to Cradle®” (C2C)とは、生産→消費→生産のサイクルを目指したサーキュラーエコノミーです。

完全循環型デザイン(C2C)の考え方は、全ての素材を品質低下なしに自然または技術サイクルへ戻すことを前提にしています。つまり、無駄になる原料や資源を出さないという考え方です。我々の製品および生産プロセスは完全循環型デザインを基に設計されます。素材の循環使用を前提にし、社会的公正プロセスで生産され、繰り返しの回収やリユースにも耐えうる高品質であることが重要になります。また、完全循環型デザイン(C2C)の認証製品は有害物資が含まれていない証明が必要となります。

完全循環型デザイン(C2C)においては、建築物が将来の建材在庫となるのです。

cradle to cradle® - 完全循環型デザイン ファクトシート(英語)  (pdf, 85 KB)

持続可能な素材の   有効活用

Schücoにおける完全循環型デザイン(C2C)製品

Schücoは、建築業界における完全循環型デザイン(C2C) 製品開発のパイオニアの1社です。完全循環型デザインを基にした製品に対する需要は今後増加すると考えられますが、そこで重要になるのが、広範囲かつ一貫した持続性の担保となります。

現在、Schücoの多くの窓、ドア、およびファサード向けモジュラーシステムは完全循環型デザイン(C2C)のブロンズ・レベルとして認証されています。ハンブルクの独立した EPEA試験所において米国のCradle to Cradle®イノベーション研究所(C2CPII)の基準に従いこれらを認証試験を行いました。これらの試験では、使用された原料の環境への無害性、再利用性、生産中のエネルギーおよびCO2排出管理、水および排水の適切な管理、生産過程における公平性が評価されます。

更に43のシステムが完全循環型デザイン(C2C)のシルバー・レベルとして認証されています。

Schüco認証済システムを購入される方には、追加費用なしで完全循環型デザイン(C2C)認定書をお渡ししています。

Schücoにおける完全循環型デザイン

SchüCalデザインソフトウェアを使用し、窓、ドア、ファサードシステムをそれぞれ選択することで、完全循環型デザイン(C2C)認定製品を使用した建築物の設計が可能になります。SchüCal上で完全循環型デザイン(C2C)認証基準に則ったものであるか否かを簡単に確認することができます。

完全循環型デザイン(C2C)認証済製品はLEED、DGNB、および BREEAM などの建造物の環境性能評価システムにおいても肯定的に捉えられ、その他多くのグリーンビルディング基準に関連する認証です。

 ガイドライン (pdf, 4 MB) Cradle-to-Cradle®-完全循環型デザインについての詳細をご確認いただくことで、Schüco製品がどのような点において評価された物であるか、ご理解いただけます。

認定書

以下では、我々の窓、ドア、およびファサードシステム用のモジュールシステムの 完全循環型デザイン(C2C)認定書をご確認いただけます。

Schüco のアルミニウム窓システム AWS

Schüco のアルミニウム ドアシステム ADS SimplySmart

Schüco ファサードシステム FWS

以下のSchüco製品はシルバー・レベルの基準として認定されています。

Schüco FWS 50.SI

Schüco AWS 75.SI+

Schüco AWS 65 NL

よくあるご質問

完全循環型デザイン(C2C)に関するよくあるご質問(FAQs)

FAQs