サイト内検索

最高の品質と環境保護 のために

現在のサステナビリティへの取り組みは、1972年の Club of Rome のレポート 「成長の限界(Limits of growth)」、1992年にリオ デ ジャネイロで開催された国連地球サミット、1997年の京都プロトコルのような国際的イニシアチブに大きな影響を受けています。このような取り組みが元となり、国際レベル、ヨーロッパ レベル、国レベルにおける活動、環境ガイドライン開発や基準値の設定へとつながっています。

最高の品質と環境保護 のために

ドイツ国内では80%以上の建物が築25年以上経過したものです。それら建物の消費エネルギー量、CO2排出量はEnEV (建築物エネルギー消費量などを規制したドイツの法令) で定められた基準値を大きく上回っており、集中的改善建造物の対象になっています。現在の建築市場は、厳しい要件が設定されたEPBD 2010 およびENEV 2012などの法規制、さらに2013年7月以降は、サステナビリティに関する建材規制、エネルギー不足とエネルギー価格上昇の影響を受けています。

サステナビリティ

サステナビリティ

カタログをダウンロードする

Fassade

Schücoのサステナビリティへの取り組みについて詳しく説明したカタログをダウンロードいただけます。

グリーン ビルディング
Dashboard
webspecial.m209.close