サイト内検索

...

2010年代:将来のためにフィット

Schücoは、革新的製品とデジタルソリューションにより、業界のテクノロジー サービスリーダーとして頭角を現し、 百万規模の戦略的建設投資が、モダンな労働環境を創出しました。その活動のすべてにおいて持続性が前面に押し出されています。これは、Schücoにとってはトレンドではなく、恒常です。

Neuer Inhalt (1)
アンドレアス エンゲルハルトは、2012年10月1日に取締役会会長に、2014年9月に最高責任者に就任。

戦略の転換

2012 年 太陽が無償でクリーンなエネルギーであることは、これまでと変わっていないが、太陽光発電モジュールの価格下落と助成金削減によって生じた全体的需要後退により、基本的戦略交換が必要になる。Schüco は、主要事業のメタルコンストラクション、プラスチックに焦点を置き、これにより独自のコアコンポーネントであるウィンドウ、ドア、ファサードに集中。


2013 年 Schüco は、パラメトリック コンセプトおよび新世代の金具である SimplySmart を発表。


2014年 アンドレアス・エンゲルハルトが、責任社員に就任。二年前、彼は、取締役会会長を勤めていた。

イノベーションへの駆動力

2015 年 初のパッシブハウス認証を受けたアルミニウムシステムであるマリオン トランサム ファサード FWS 50 SI+ が誕生。 システムイノベーションはさらに続く:革新的Schücoファサードシステムである「FWS 35」と新スライドシステム「ASS 77 PD」の最小限の見え幅が、ほぼフレームレスのトランスペアレンスを実現。ファサードシステム「FWS 60 CV」は、カバー効果のある開口部要素により納得。 Parametric Systemにより、初の3Dファサードシステムを導入。そのためにSchücoは、設計から施工まで一貫したデジタル価値創出プロセスを確立。 



2016年 2016 年初め、プラスチック部門全体を子会社 Schüco Polymer Technologies KG に任せ、新システム「Schüco LivIng」により製品ポートフォリオを拡大。同年、Schücoは、ジーゲンの EPS Systems GmbH & Co. KG 社株の過半によって布地ベースのファサードシステム「FACID」を製品群に追加。


カバーされた動力部「Schüco TipTronic SimplySmart」が、カバーされた動力技術の新スタンダードを確立。Schücoアルミニウム窓システム自動化用メカトロニクス金具が、エネルギー管理、建物自動化、そしてセキュリティーを単純化し、そのピュアなデザインにより新基準を確定。 

Neuer Inhalt (1)
新システムシリーズ「Schüco LivIng」は、快適性、安全性、そしてエネルギー効率により納得。 まず「Schüco LivIng」窓システムが発売され、その二年後に「Schüco LivIng Slide」プラスチックスライドシステムが続く。
Neuer Inhalt (1)
当社の事業センターを拡大。それは、当社従業員にとっては労働とコミュニケーションを容易にするモダンなオフィスを意味し、 さまざまな労働環境が、一つ屋根の下に集合し、知識交換を容易にするためのスペースを提供。Credits: 3XN 建築家

将来を見据えて計画

2018 年 Schüco は製品群を拡大。マールブルクの SÄLZER GmbH に資本参加することで、Schüco は、ハイセキュリティ分野にて事業を確立。スイスの Soreg AG の買収により、Schüco は、ハイエンド スライドシステムの販売およびマーケティングに集中。


2019 年 Schüco、環境保護への意識を強化。WWF(World Wide Fund for Nature)との協力により、地球温暖化を1.5度までに抑えるという野心的なCO2削減目標に取り組む。さらに、2040 年までに、バリューチェーン全体で温暖化対策に取り組む。


2020 年 サービスの見直し:デザインスライド要素部材を下ごしらえするための KIT 製造装置の構築により、Schüco は、シンプルで迅速なメタルコンストラクションの礎石を敷く。


2021 年 Schüco Campus (ビーレフェルト他)に、従業員とお客様の利用を第一に考え、将来の成果のベースとなるモダンな労働環境、斬新なショールームを実現。


2010年代:将来のためにフィット
Dashboard
webspecial.m209.close