サイト内検索

2000 年:イノベーションに向けて

Schüco は、グローバル化のチャンスを認識し、その活動範囲を南米、中国へと拡大しました。メタルコンストラクション、プラスチック、ソーラーの三分野により、建物外壁範囲に関する持続的ソリューションのスペシャリストに変貌を遂げます。

Neuer Inhalt (1)
侵入防止から強い雨まで、テクノロジーセンターでは特定の対象での検査を実施。 

責任の引き受け

2000年 エネルギー効率が、新ミレニアムのテーマに。Schücoは焦眉の未来テーマに取り組み、CO2排出議論に建設的回答を提示。すでに建物の構想段階において、外壁を省エネルギーとエネルギー供給の要素として利用することが重要に。 インテリジェントで持続性のある窓、ドア、ファサードソリューションによって。


2001年 Schücoがネットワークに連結。顧客にスピード感を提供し、顧客との通信と顧客への情報提供を効率化するために新Schücoインターネットプラットフォームがオンラインに。


2003年 「e-drive」によって、ハンドルなしに電気による操作が可能な新世代の窓が実現。 


2005年 Schücoテクノロジーセンターが、建物外壁に関する独立系認定テスト・検査ラボとして認証される。さらに、回転傾斜金具「TipTronic」を導入。 

アルミニウムからのイノベーション

2007年 窓とドアシステム「Schüco AWS/ADS」が新基準を打ち立て、システム「Royal S」を過去のものに。その他、Schüco Competence Center(ビーレフェルト本社)がオープンし、対象グループにあったトレーニングを提供することにより、従業員とパートナーの専門知識の充実に貢献。特に実践的なのは、Schüco システムの加工と Schüco マシンの取扱いを学ぶお客様の現場のワークショップに統合された研修。


2008年 Schücoがゴルフに参入。コンビネーションが調和する。つまり自然と技術、正確と完全の協奏。一年後、あまたの国際的スターゴルフプレーヤーを迎えたSchücoオープン・ゴルフトーナメントを開催。


2009年 Schücoが、建物外壁に関して2つのコンセプトを発表。未来への方向付けとなるエネルギー効率に優れたテクノロジーで、地球温暖化を摂氏2度に抑えるという重要な貢献を果たす。

Neuer Inhalt (1)
Schüco Competence Center (ビーレフェルト):優れたエネルギー効率の建造物で最新の Schüco テクノロジーを採用、多機能利用が可能。カスタマーワークショップ、研修/イベント、ラウンジ、Schüco ワールド展示のためにスペースを提供。
2001-2010
Dashboard
webspecial.m209.close