サイト内検索

1990年代:時代転換

東独と東欧ではベルリンの壁崩壊後、環境に優しい建材を使った建物改修が大きな試練に直面していました。Schücoはそのチャンスを察知し、事業を再拡張しました。同時に大プロジェクト・ソーラー事業にも参入します。

システムイノベーションで飛躍

1991 年 初のアルミニウム製防火シリーズ「FireStop」を導入。 


1992年 Schücoは「Royal S」により窓とドアシステムに対する新結合システムを発表。このシステムは、前バージョンの「Royal」と「Iskotherm」をベースに開発され、今年の成功のキー要素となる。 


1996 年 ライプツィッヒのヴァイセンフェルスにて、Schüco は、ヨーロッパ最新のプラスチックプロフィール用押出成形設備を構築し、開始。 プラスチック製窓市場への供給拡大に貢献するこの工場は、二年後に生産を開始。

Neuer Inhalt (1)
2006年以降、ヴァイセンフェルスの立地は、プラスチック部門の国際的センターとして公式に認められる。 
Neuer Inhalt (1)
ローズタワー(中央)は、純ホテルビルとしては世界第二を高さを誇る建物。 

ゴー・イースト

1997年 旧東独国境の向こう側での販売がブームに。モスクワ近郊に新しい Schüco 事業所を開設、その直前には、プラハの販売事務所もオープン。同じ年、ポーランドに Schüco 事業所を開設。ウッチの支社とワルシャワの販売事務所が、東宝での販売網を拡張。 さらに中東での販売に投資。例えば、ドバイのローズタワーには、ビーレフェルトのテクノロジーが装備されている。


Schücoでは、45年を超える社史の中での初めて三度目の経営者交代を経験。 ディルク U ヒンドリヒスが、最高経営責任者としてギュンター ライネッケの後任として就任。

血の中を流れるガソリン

1998 年 ヨーロッパ内の多数の事業所に加え、Schüco は、活動領域を米国およびアジアに拡大。


1999年 Schücoは、太陽熱と太陽電池により製品群を第三の事業分野へと拡張。 Schüco Stahlsysteme Jansenの名のもとで共同スチール販売が成立。同年、Schüco は、McLaren-Mercedes のスポンサーとして Formel 1 に参入。

Neuer Inhalt (1)
Schücoロゴが、マクラーレン・メルセデスの後部を飾る
1991-2000
Dashboard
webspecial.m209.close