サイト内検索

1980 年代:グローバルプレイヤーへ向けて

Schücoは、ライセンシーを初め、様々な分野で、ヨーロッパにて頭角を現すようになりました。さらに早くから多様な材質であるプラスチックのポテンシャルを認識し、その製品群をプラスチック窓およびドアに拡大しました。

Neuer Inhalt (1)
Schüco Expressの写真

レール上のショールームへようこそ

1980年 Schüco Expressが、1980年代の初めから西ドイツを巡回。最新の鉄道車両の中で、顧客がSchücoの最新の窓・ファサード技術を目にすることができるというユニークな製品プレゼンテーション形態。 

イノベーションを加速

1982年 Schücoは、長年にわたって騒音・環境保護要件をクリア。1982年には、初めて認められた防火システムである「T-30-1」により、安全面でも基準を確定。


またSchücoは、新アルミニウム窓システムである「Iskotherm」をも発表。この断熱効果を備えた遮断部材は、特に住宅建設に現れ、改修分野に投入される。

Neuer Inhalt (1)
Schücoが提供する保護:防火・防煙システムは、80年代より製品群の定番に。 
Neuer Inhalt (1)
モダンなプラスチック窓の耐久性は、現在30年以上にも及ぶ。 

プラスチック窓向けのシステム事業に参入

1984 年 Schüco は、プラスチックシステム技術に焦点をあて、多彩な新材質、プラスチックを製品群に採用。

オストヴェストファーレン地方に脈打つサッカーの鼓動

1988年 シーズン1988/1989年、SchücoはDSCアルミニア・ビーレフェルトのユニフォームに初めて広告を表示。既に70年代から、東ヴェストファレン サッカー協会を、支援しています。2004年にはスタジアム自体にも新しい名前が付けられ、SchücoArenaとして、システムサプライヤーとの絆を外部にアピール。 


この10年間の末には、Schücoは初めて十億ドイツマルクというミラクルな売上限界を突破。この偉業に合わせて、1990年、世紀のサッカー選手フランツ ベッケンバウアーをブランド宣伝大使に任命。

Neuer Inhalt (1)
Schücoは、現在もDSCアルミニア・ビーレフェルトのメインスポンサー。
1981-1990
Dashboard
webspecial.m209.close