サイト内検索

1960年代:拡大路線

建築活動は、60年代になってしだいにオブジェクト事業に発展。「すべてを一つの手から」が多数のオーダーの背後にある中心的な考え方であり、Schücoはシステムサプライヤーへと変貌を遂げました。それと並行してサービスへの思考も拡大していきました。それは、Schüco が建設業界に提供する総合パッケージを決定するのは、完璧な製品品質と確実な加工ばかりでなく、密度の濃いコンサルティング、研修、そして貴重な顧客サービスも重要な要素だったからです。 

Neuer Inhalt (1)
Schücoスライドシステムは、最大限の透明性と光あふれる空間を実現。

マーケットイノベーション

1963年 最初の大規模なシステム開発であるスライドドア・窓向けの「Allwetter」が、その新規のシーリングシステムによって市場を席捲。そのシステムの販売が大成果を記録。大面積のフレーム高のスライド要素とガラス部材が、屋外へのワイドで曇りのない視界を確保。それらは、その時代の生活感情、つまり広がり、自由、そして鷹揚な考えを望む心を反映。 

今日まで続く強いつながり

1964年 Schücoにとって、テクノロジー企業OTTO FUCHS KGへの販売が新しい経済的、技術的パースペクティブが開ける。Schüco創業者ハインツ・シュールマンが経営を工学博士エルンスト・フォン・ヴェーデルに譲渡。技術面で卓越したサービスと将来への視線が、共通の経路への方向付けを果たす。 その他にSchücoは国外への拡大を推進。フランス、オランダ、デンマークに子会社を設立。またドイツ国内でも拡大:シルデシャー・シュトラーセ(通り)の販売スペースが手狭になり、Schücoは新しい事務所兼倉庫ビルをカロリーネンシュトラーセ(通り)に計画。今日まで続く本社に。


さらにSchücoは新しい事業分野を探求。ボルグホルツハウゼンの Schüco Design (現在 Schüco Alu Competence) の設立により、Schüco は、家具産業用アルミニウム製金具の加工のための製品、サービスを拡張。

Neuer Inhalt (1)
OTTO FUCHSとSchücoとの強いつながり

卓越したサービス

同年、Schücoは独自の委託建築設計サービスを開始:Schücoは、建築設計コンサルティングにより、包括的なサービス提供のための礎石を設置し、それとともに、この関連対象グループへのパーソナルなコンタクトが第一級のサービスの礎であることを示す。 

Neuer Inhalt (1)
Schücoは、建築設計のノウハウとそのアイデア実現の可能性を提供。 
Neuer Inhalt (1)
玄関のドアは、その家の名刺とみなされる。 

強固なベース

1966年 「Alldoor」システムにより、Schücoは初の独自開発の全アルミニウムドアを発表。それは、今日まで続くすべてのドアシステムの基礎に。特にシステム「Alldoor 60」は、最適な遮断特性により、納得の製品。 従来の窓、ドア用アルミニウム部材は、貴重な屋内の熱を容易に逃していました。ポリウレタン発泡体で充填されたエレメントのシステム「Alldoor 60」により、屋内の熱を簡単に逃がしません。そのわずか二年後、Schüco は「Alsec 60 M」により、初めての断熱全アルミニウム構造を発売。


Nur zwei Jahre später bringt Schüco mit der "Alsec 60 M" die erste wärmegedämmte Ganz-Aluminium-Konstruktion auf den Markt.

1961-1970
Dashboard
webspecial.m209.close