サイト内検索

1950年代:はじまり

西ドイツの経済復興の奇跡の時代、革新的な窓とファサードがしだいに重要視されていきました。そんな中でそれを供給したのがSchücoでした。当社は、軽量でモダンな材質であるアルミニウムにより時代の脈動を感じました。

Neuer Inhalt (1)
創業者ハインツ・シュールマン

Schüco誕生の瞬間

1951年 チャンスを感じる感、リスクを引き受ける覚悟、そして地に足を着けた安定 – こられの特徴が創業者のハインツ・シュールマンに備わっていたと言われている。五名の従業員と片親の違う兄弟と一緒に、ポルタ ヴェストファリカの小さな中庭に、Heinz Schürmann & Co. KG社を創業。当時のラインナップは、アルミ製のショーウィンドウ、オーニング、そしてロールシャッターだった。


1954 年 シュールマンのモットー「意志があれば、実現できる」が、小さな金属構築行の成長に、反映されている。企業は、創業後すぐに拡大を始め、市場を席巻しながら成長を続けた。 例えばミュンヘンで、南ドイツ地域を担当するセンターとして支店を開設。今日の企業センターともなるビーレフェルトへ移転することで、Schücoは新たな拠点を確保。 

境界を越えて

1955年 支店網は密になっていき、多くの立地が加わった。デュッセルドルフ、フランクフルト、シュトゥットガルト、ハンブルクに新たな取引支店を開設。 そしてSchücoは国際的にも発展。その戦略は、成長、多様化、国際化。


1957年 Schücoの国際見本市参加への号砲は、ハノーファー・メッセで発せられた。Schücoは、小規模な見本市ブースで特に革新的な軽金属製建設部材・金具を発表。同年、Schücoは商標登録を実行。


1958年 ライセンス供与と代理店契約が、ヨーロッパ規模での新たな協力体制を構築。 AluKönigStahl (オーストリア) と Schüco は、1958 年に、現在まで続くパートナーシップを開始。

Neuer Inhalt (1)
初のSchüco見本市ブースは1957年に登場
1951-1960
Dashboard
webspecial.m209.close